婦人

いつまでも健康でいたいならプラセンタを摂取するべき

手の老化対策

手

皮膚の老化を防ぐには

いつまでも若さを保つことは多くの女性に共通の願いですが、そうした美容への意識は顔や体型に集中しがちです。美容のテクニックが進歩した現在では、メイクの工夫によって実年齢よりも若く見せることも十分に可能となっています。しかしながら手は年齡とともに血管が浮き出るようになるため、顔以上に老化現象が早く表れやすいものです。この現象はハンドベインとも呼ばれており、早い人では20代後半くらいから悩まされるようになります。手の甲は他の部分と比べて皮膚や脂肪の層が薄いため、皮膚が老化してさらに薄くなることで血管が浮き出てしまうのです。紫外線や乾燥なども皮膚を老化させる原因となっており、日頃から手肌へのスキンケア対策をしっかり行うことでハンドベインの進行を遅らせることができます。すでに生じてしまったハンドベインを解消させるための治療には、美容クリニックで実施しているヒアルロン酸や脂肪の注入またはレーザー治療が挙げられます。クリニックでの治療にはある程度の費用がかかる上、治療に伴う後遺症などのリスクが心配だという人も少なくありません。そのような人の中にとっては、保湿成分を含んだハンドクリームで毎日手肌のケアを行うのが最も手軽な改善方法です。保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸をサプリメントで補う方法も、長期的なハンドベイン予防対策となります。動物の胎盤を材料としたプラセンタには成長因子が多く含まれており、美肌効果を持つサプリメントとして女性の間でも人気を集めています。ハンドベインに特化したサプリメントは血管年齢を若返らせるため、手のケアだけでなく血管に関する病気予防にも役立ちます。こうしたサプリメントやハンドクリームの利用に加え、紫外線や乾燥から手肌を守る総合的な対策が若々しい手の維持につながっていくのです。